久々に市場動向に関して記事を書いてみます。

4月下旬に皆が期待していた日銀による金融緩和は見送られてしまい、短期的に株価は暴落しています。

4月中旬から下旬にかけて株価が上昇したのは「日銀は金融緩和をするだろう。そして株価は暴騰するだろ」という市場関係者の思惑が影響した結果であり、4月下旬の下降トレンドの直前には「株価が金融緩和を織り込んでしまった状態」でした。

なぜ皆が金融緩和を予想したかと言うと、最近の日本経済の低迷は明らかにデフレへの逆戻りを示唆しているからです。

「株価至上主義内閣」である安倍政権にとって、選挙前、なおかつ5月下旬に開催される伊勢志摩サミット前には景気回復への道筋をある程度示しておきたいはずだという思惑が、金融緩和の予想に繋がってしまいました。

ですが、日銀は金融緩和をしませんでした。

その理由は黒田日銀総裁が発言した「表面的な内容」以外にも憶測が飛び交っていますが、「金融緩和」というカードは今後何度も使えるものではないので「伝家の宝刀はいつでも出せる」という意思を今後もチラつかせ続けることには一定の意味があるとの解釈をする人もいます。

今後は伊勢志摩サミットにおける各国首脳会談での発言、伊勢志摩サミット後の景気対策として補正予算がどの程度組まれるか、6月下旬の日銀決定会合において今度こそ金融緩和を発動するか・・・・などが、焦点となりそうです。

そして、個人的な予想としては、伊勢志摩サミットで景気の良い発言はなされず、補正予算も市場の期待ほどな規模にはならない気がします(あくまで、勝手な予想)。

そして、週明け9日から一週間くらいは(これまで株価が大幅に下がってきた反動として)株価が上昇する可能性もありますが、結局のところは6月上旬から中旬にかけてまで下降トレンドを形成するのではと予測します。

すなわち最終的に日経平均株価は15000円をタッチする、あるいは最悪なケースとして15000円を割り込むことも有り得ると考えます。

ですがその後は前述したように、6月下旬には日銀決定会合があるため、そこでの金融緩和を織り込む形で再度株価はある程度の水準まで上昇すると思われます。

なぜ6月中旬から金融緩和を織り込む形で上昇するかと言うと、やはり選挙対策として金融緩和は欠かせないカードだと市場が考えている節があるからです。

その市場予想は、結局今回と同様に裏切られる可能性はありますが、金融緩和を織り込む形で一時的な上昇はすると思います。

そして、実際に金融緩和が発表されれば更なる株価上昇、発表されなければ株価急落。

どちらに転ぶかは予測できません。

今は株式投資をお休みしています。

ですが、もし仮に日経平均株価が15000円を(ズルズルとではなく急降下して)割り込むようであれば、市場への参加も考えてみようかと悩み中です。


以上、久々の市場予測でした。


~関連記事~

『株価暴落に注意せよ!とりあえず利益確定しました』

『竹中平蔵氏「トリクルダウンなんて起きない!」』



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加