世界で一番貧しい大統領であるホセ・ムヒカ前大統領の伝説的スピーチをミスターサンデーにてノーカットで放送していました。

あまりに感動的で、思わず感涙しそうになりました。

今度、「世界で一番貧しい大統領 ムヒカ来日 緊急特番 日本人は本当に幸せですか?」と題して、池上彰 宮根誠司が司会を務める番組でも放送されるようです。

このブログの趣旨とは異なりますが、今回はそんなホセ・ムヒカ前大統領の伝説的スピーチを掲載していきます。


はじめに


ホセ・ムヒカ大統領の名前が注目されたきっかけは、2012年の6月にブラジルのリオデジャネイロで行われた国連主催の環境会議の一コマだった。

議題は、「人間はどうしたら、これからも発展しながら地球環境を守っていけるのか」とうもの。

各国の代表化スピーチを行う中、小国であるウルグアイ代表の演説など注目するものはほとんどいなかった。

そんな中静かに壇上に上がったのがホセ・ムヒカ。

スピーチはごく当たり前の、各国代表への感謝から始まった。

現代社会に対して警鐘を鳴らした彼の静かな叫び。

その伝説的なスピーチを以下に紹介します。


ホセ・ムヒカ前大統領の伝説的スピーチ


この場に出席されている、世界各国の代表のみなさん、ありがとうございます。

いち国家指導者として、貧しい人々のための取り決めづくりに仲間として共に参加することを表明いたします。

しかし、私たちにもいくつか声高らかに質問をすることをお許し願いたい。

今日の午後ずっと、私たちは「持続可能な発展」と「膨大な数の貧困者対策」を話し合ってきました。

けれど私たちの本音はなんでしょう?

今の発展を続けることが本当に豊かなのでしょうか?

質問させてください。

もしドイツ人が一家族ごとに持っているほどの車を、インド人もまた持つとしたら、この地球はどうなってしまうのでしょう?
私たちの呼吸できる酸素は残されるのでしょうか?

もっとハッキリ言いましょう。

例えば最も裕福な西側諸国と同じようなレベルで、70億80億の人々に消費と浪費が許されるとしたら、それを支えるだけの資源が今の世界にあるのでしょうか?
それは可能なのでしょうか?
それとも別の議論が必要ですか?

今この文明を作ったのは私たちです。
私たちは、市場と競争社会から文明という落とし子を生み出し、物質面での驚異的な進歩をもたらしました。
そして市場経済は市場社会を作り出し、それを背かい規模に拡大させてしまいました。
いわゆるグローバリズムです。

そのグローバリズムを私たちはコントロールできていますか?
逆にコントロールされていないでしょうか?
こんな残酷な競争で成り立つ社会で、「みんなで世界を良くしていこう」なんて議論が本当にできるのでしょうか?
私たちは本当に仲間なのですか?

私は今回の会議を否定するために言っているのではありません。

違います、逆です。

我々が今挑戦しようとする目の前の巨大な困難は、決して環境問題ではなく、明らかに政治の問題なのです。

人類は今、消費社会をコントロールできていない。

逆に人類の方が、その強力な力に支配されているのです。

我々は発展するためにこの地球上にやってきたのではありません。
幸せになるためにやってきたのです。
人生は短くあっという間です。
しかし、その人生こそが何より価値あるものなのです。

余計なものを買うためにもっともっと働いて、人生をすり減らしているのは、消費が「社会のモーター」となっているからです。
なぜなら消費が止まれば経済がマヒしてしまい、経済がマヒすれば不況というお化けが、我々の目の前に姿を現します。
しかし今この行き過ぎた消費主義こそが地球を傷つけ、さらなる消費を促しています。
商品の寿命を縮め、できるだけ多く売ろうとする。

今の社会は1000時間もつような電球は作ってはいけないのです。
本当は10万時間・20万時間もつ電球はあるのにそんなものは作らない。
なぜなら我々はもっと働き、もっと売るために、「使い捨て文明」を支える悪循環の中にいるからです。

これは政治問題です。
我々は今までと違う文化のために戦いを始めなければならない。
石器時代に戻ろうとは言っていません。
このままずるずると消費主義に支配されるわけにはいかない。
私たちが消費主義をコントロールしなければならないと言っているのです。
ですから私は、これが政治問題だと言いました。
とても謙虚な思いからです。

かつての賢人たち「エピクロス」「セネカ」、そして「アイマラ人」たちは次のように言っています。

「貧しい人とは少ししかものを持っていない人ではなく、もっともっとといくらあっても満足しない人のことだ」

と。

大切なのは「考え方」です。

だからこそ、皆さんとともにこの会議に参加し、国家指導者として皆さんとともに努力したいのです。

私の発言は皆さんを怒らせるかもしれない。

しかし気づかなくてはいけません。
「水問題」や「環境の危機」がことの本質ではないという事です。
見直すべきは我々が気づいてきた文明の在り方であり、我々の生き方です。
なぜそう思うのか?

私は環境に恵まれた小さな国の代表です。
人口は300万人ほど、いや もうちょっと320万ほどしかいません。
けれど世界で最もおいしい牛が1300万頭、また素晴らしい羊が800万から1000万頭、食べ物・乳製品、そして肉の輸出国です。
国土の90%は有効に使えるほど豊かな国なのです。
だからかつての私の仲間たちは8時間労働のために戦い、ついには6時間労働を勝ち取った人もいます。
しかしそうなったら今度は仕事を2つ持つようになりました。
なぜか?たくさんの支払いがあるからです。
バイクやマイカーのローンを次から次へと支払っているうちに、私のようなリウマチもちの老人になって人生が終わってしまう。

そして自分に問いかけるのです。

「これが私の一生だったのか」と。

私が言っているのは基本的なことです。
発展は幸せの邪魔をしてはならない。
発展は「人類の幸せ」「愛」「子育て」「友人を持つこと」そして「必要最低限のことで満足する」ためにあるべきものなんです。

なぜなら、それらこそが一番大事な宝物なのだから。

環境のために闘うのなら、一番大切なのは人類の幸せであることを忘れてはなりません。



終わりに


ホセ・ムヒカ前大統領は、どんな大国のリーダーであろうとノーネクタイのポリシーを貫いたとされています。

一方で、「国のトップは大衆と同じ感覚でなければ」と中古のドイツ車を乗り回し、その上給料のおよそ9割は慈善事業に寄付したと言われています。

豪華な邸宅には目もくれず質素な田舎暮らしをしていることから、「世界で一番貧しい大統領」と呼ばれてきたホセ・ムヒカ。

私たちは、彼から多くの事を学ばなければいけないのかもしれません。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加