アノマリーとは「株式市場に現れる周期性や季節性」などと説明されています。

もっとかみ砕くと「何月には株価の平均が上がり易くて、何月には下がり易い」といった株式市場にあらわれる癖のことを指します。

インターネットで「アノマリー」と検索すると、様々なアノマリーが調べられるので、興味のある人はチェックしてみてください。

ただし、アノマリーは現代投資理論では説明できないため、必ず当たるというわけではありません。


例えば「5月天井説(春は株高になり易いが、5月が天井でそれ以降は下落してしまう可能性が高い)」は有名です。

なので、週刊誌などには今年の5月になっていよいよ株価下落が始まりアベノミクスが終息を迎えるなど煽るものもありましたが、結局株価は下落しませんでした。


この数年は日銀が金融緩和をしており投資家が強気になっていることや、国自体が国民の年金などを株式市場に投入して下支えするといったいわゆる「官製相場(国によって造られた相場)」なので、少し下落しても投資家は「どうせ国が株を買い支えるであろう」と更に強気になっています。

なので、このような要因によって今までの様な「アノマリー」が通じず、常識であれば下落する局面であっても株が上昇するといった奇妙な現象が起きているのだと思われます。

ただ、大手企業の利益は出ているものの、国民の消費は低迷しており(8月17日に発表されるGDPはマイナスであると予想しているエコノミストが多い)、今の株価はややバブル気味な気がします。

なので、ちょっとした外部要因(例えば中国景気の問題や、アメリカの利上げ問題)に乗じてバブルがはじけて、ドッと売りが売りを呼ぶ展開になる可能性には注意が必要だと感じています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加