僕の投資スタイルは、『リサーチして有望だと思われる企業をピックアップし、それらの会社が割安(あるいは下がりそうも無い)と思われた時点で買いを入れ、以降にナンピン買いをしていく』というものです。

どうやって有望だと思われる企業をピックアップするかは、日ごろのニュースであったり、四季報を読んだりなどですが、今回はナンピン買いについて書いていこうと思います。

『ナンピン買い』とは「保有している銘柄の株価が下がった時に、買い増しして平均取得価格を下げる方法』です。

例えば、株価1万円で10株買った銘柄が、5000円までさがたとします。その際に10株買い増しすると、1株あたりの平均取得価格を7500円に下げることが出来ます。

そうなると、1万円以上に上昇しないと利益が得られない状態から、7500円以上に上昇した時点で利益が得られる状態になるわけです。

しかし、これは「今は株価が下落しているが、いずれは上昇に転じる」という思惑があっての行為なため、そのまま上昇に転じずにズルズルと下落していったら大損をする可能性を秘めています。

そのため、冒頭にも挙げたように「有望銘柄が割安な状態になった際に買う」ことで高値掴みを予防することが大切です。また、手持ち資金には限りがあるので、低価格な銘柄のほうが、後に下落した際に買い増しやすいという事になります。

例えば、東レなどは現在最低購入価格が100万円なので、買い増す際に勇気がいります。
(最低価格が10万円なら、下がったら10万買い足し、さらに下がったらもう10万買い足しといった具合に、何度も買い足せますが、東レは高額なので、僕レベルでは1度買い足すのが限度でしょう・・・)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加