月別アーカイブ:2015年07月

2015年07月の記事一覧。理学療法士・作業療法士の副業について記事にしています。
No Image

2015-07-05 株関連の市場動向
それでは、EU側の緊縮策を受け入れた場合が上手くいくケースなのでしょうか? 前回の投稿で示した、EUが崩壊してしまうといったリスクは当面避けられることが出来るため、他の国々にとってはこのケースが望ましいです。また、ギリシャ国民にとってもEU側が支援を継続してくれることになるので、これも良い点です。しかし、このケースでは更なる緊縮に励まなければなりません。ギリシャはこれまでもEU側に緊縮策を強いられ...

記事を読む

No Image

2015-07-05 株関連の市場動向
ギリシャは結局、国民投票によって①EU側の緊縮策を受け入れて、支援を続けてもらったほうが良い②EU側の緊縮策を拒否して、借金を踏み倒し、さらにはユーロ離脱したほうが良いのどちらが望ましいのでしょうか?今回の投票結果は①になることが予想されていますが、どちらが望ましいかを明確に示せる専門家はいません。どちらに転んでもギリシャには辛い未来が待っているのではないかという意見が多いです。※ただ、短期的、あるい...

記事を読む

No Image

2015-07-04 株関連の市場動向
はっきりいって、節約したくない、働くのは好きじゃないと言っている国に、支援したい国なんていないでしょう。 支援しているEUの中心になっているのはドイツなどの国際競争力のある勝ち組な国々なわけですが、それらの国民が「何で私たちの税金を、あんな国の支援に使われなければいけないのか?」と憤る気持ちは非常に良くわかります。 特にドイツなんかのコツコツと真面目に働く人達からみたら、ギリシャ人は怠け者で働きも...

記事を読む

No Image

2015-07-04 株関連の市場動向
借金大国であるギリシャに対して支援側であるEUなど(EUやヨーロッパ中央銀行やIMF)は、支援の条件として国民への増税や年金の削減などのいわゆる「緊縮財政」を求めていましたが、 国民投票により反緊縮派である現政権が誕生してしまい、最近は「払え」「払わない」といった応酬が繰り広げられていました。 しかし、ここにきて交渉は決裂し、とうとう6月30日期限のIMFへの返済(約2100億円)期限を過ぎてしまい、...

記事を読む

No Image

2015-07-04 株関連の市場動向
結局、借金をきちんと返済しないギリシャが悪いということなのでしょうか? 確かに、ギリシャ人は元々納税意識が乏しく、国では脱税が横行しているようです。 観光客がタクシーを利用したり買い物をしても領収書を切らなかったりというのはよくある話の様です。また、労働人口の25%が公務員であり、その人たちの年金額は非常に多い(しかも支給開始年齢は55歳から!)と国民に手厚すぎる国です。また、そもそも働くという意...

記事を読む

Copyright © 理学・作業療法士の副業(株式投資が中心です) All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます